九州3大学合同ガイダンス in広島

北九州市立大学と九州大学、福岡大学の3大学の「合同進学ガイダンスin広島」が8月19日、広島市中区中島町の広島国際会議場で開かれた。大学からは広報入試課の守口淳課長らスタッフ6人と在校生1人が出席した。広島県内や岡山県の高校生ら212人が出席し、北九大ブースには109人が参加した。多くの高校生が父兄同伴。学部の特徴や入試情報などに加え、大学のある北方キャンパス、ひびきのキャンパスだけでなく、住まいの情報、両地区の治安状況や地域の特徴、アクセス状況などを熱心に聞き入っていた。

学部で関心が高かったのは外国語学部と経済学部だった。特に、外国語学部英米科のカリキュラムが来春から変わることから、その内容についての質問が多かった。入試広報課の森口課長は「広島地区からは関東、関西方面の大学進学が多いと聞いているが、北九大への関心が高いのは、地理的に近いのと、志望者のレベルがマッチしているからなのでは」と話していた。今春の広島県からの志願者は349人で、合格者は94人。福岡県に次いで2番の人数だった。(大東亮子)

多くの高校生が参加、順番待ちの北九大ブース

 

広島夜嵐会 第2回会合開く

「朋あり遠方より来たる、亦た楽しからずや。」(孔子)

平成9年度以降の卒業生を対象とした、広島支部若手の会「広島夜嵐会」の第2回会合が4月13日(金)、広島市中区胡町にあるダイニングバー「ワーズワース」で開かれた。
「広島夜嵐会」初参加のメンバーや、オブザーバーとして、支部役員たちオーバーエージの同窓生らも出席し、20名以上の集まりとなった。
会の中心人物である岡田大志さん(平成19年、政策)の司会でスタート。「“同窓”という絆のもと、異業種交流を活発にし、ここで培った人脈を仕事にも役立ててもらえたら。」と述べた。沖田康尚支部長(昭和40年、米英)の乾杯の音頭を経て、各自自己紹介へ。学部学年、所属サークル、現在の仕事などをそれぞれが冗談交じりに話し、会の雰囲気が和やかなものに。特に今回初参加となったメンバーは、大きな期待と喜びをこめて歓待を受けた。
会は途中、この日が誕生日の出席者が3名いたため、急きょ、お祝いのサプライズメニューが登場するなど終始盛り上がり、年齢、卒年に関係なく開襟を開いて語り合った。
今日が初参加となった渡部秀行さん(平成20年、政策)は「今日は福山から駆け付けたが、想像以上に楽しく、来た甲斐があった。」と嬉しそうに上気した顔で感想を漏らした。
その後、2時間の会合では物足りない若さ溢れる有志メンバーは、更なる親睦を深めるため、二次会へと流れて行った。
(広島夜嵐会事務局長 山下翔(平成20年 法律)

料理に舌鼓を打ちつつ談笑する出席者

お店からのサプライズメニューで誕生祝いを受ける女性陣

広島支部・ゴルフの会


(写真説明:わずか2組の参加となったが、いざ勝負!とすタイト準備する8人)

支部恒例のゴルフの会が平成29年11月18日(土)、東広島市の宮島志和カントリークラブで開いた。昨年は大学創立70周年を記念した同窓会ゴルフコンペ(小倉カントリー倶楽部)に支部として8人が参加したため、支部のゴルフ会は中止したため、2年ぶりの開催。

参加者か小里成樹さん(昭和38年、中国)、広瀬葵さん(昭和40年、商科)、沖田康尚(昭和40年、米英)、河野さん、金本善行さん(昭和、経済)浅原潤さん(昭和55年、経済)の6人と金本さんの友人2人の計8人。

この日は雨こそなかったが、寒く、風の強い悪コンディション。70歳以上の3人はゴールドティからスタート。今回は参加者が少なかったことからオープン競技。(沖田 康尚)