当支部今年度総会は6月9日(土)メルパルクHIROSIMAに て開催されました。毎回参加者の少なさに頭を痛めており、役 員会で何とかならないか思案。そこで若い会員に声をかけ参加 して貰おうと講演会を計画。講師には母校の国際環境工学部准 教授森田洋先生をお招きして「イグサ・畳の歴史と機能性」につ いてご講演頂きました。内容は実生活に関係のある講演で分か りやすく大変興味深く、多くの参加者は“ガッテン、ガッテン”で した。
お蔭で参加者も37名と多く、特筆されることは平成の卒 業生が7名(内、女性5名)で、今までに無い華やかな総会とな りました。総会は正国和之氏(S46・米英)の司会で始まり、物故 者への黙祷、校歌斉唱、支部長より24年度評議会の報告があり その後定例の23年度事業、収支報告等があり終了しました。
その後森田先生の講演があり懇親会に移行。木原幹男氏(S31・米 英)の発声で開宴となりました。来賓の同窓会副会長、早水弘明 氏(S39・商)組織担当幹事・吉村和氏(S42・米英)の紹介。参加者 全員のスピーチなど和やかな懇親会となりました。
会の終りには全員輪になって声高らかに逍遙歌の斉唱、古き学生時代を偲 び、黒瀬真一郎氏(S39・米英)の閉会の辞でお開きとなりました。

矢吹恭久(S35・商)

2012年度広島支部総会